野田松太郎

大学院担当科目

アルゴリズム特論、情報セキュリティ特論

学部(専門)担当科目

データ構造とアルゴリズム、情報理論、コンパイラ、暗号理論等

共通教育担当科目

歴史に見る世界の人々

ゼミナール

数値数式融合処理、ICTの発展と人間社会

研究者データベース

研究者要覧

名前 野田 松太郎 Matu-Tarow Noda
職務 代表取締役(愛媛大学名誉教授)
専門分野 ソフトウェアシステム、暗号・セキュリティ、数値数式ハイブリッド処理
研究室 松山市道後樋又2-10 松本ビル101室
e-mail noda@ecis.co.jp
Webサイト http://www.ecis.co.jp/
略歴
  • 大阪府豊中市出身
  • 大阪市立大学理学研究科博士課程修了(1959年)、理学博士
  • 日本学術振興会奨励研究員を経て、愛媛大学工学部助手(電子工学科)(1960年)
  • 愛媛大学工学部講師、助教授を経て教授(情報工学科)(1991年)
  • 愛媛大学評議員、総合情報メディアセンター設立に関与し初代センター長等を歴任
  • 愛媛大学定年退職・名誉教授(2005年)
  • 株式会社愛媛キャンパス情報サービスを設立し、代表取締役社長、現在に至る
所属学会等
  • 情報処理学会四国支部長、同学会代表会員、日本数式処理学会会長等を歴任
  • ACA、SNC、ASCM等各国際会議Organizing Committee委員
  • 情報処理学会全国大会、ACA、SNC、ASCM等国際会議の実行委員長歴任
学生への一言

全てに対してチャレンジ精神を忘れないこと
講義で学んだ事項を身につけて、実社会の事柄を自分の言葉で語れること